ぬま日記

新卒で会社辞めた男の雑記ブログ

塾開業のセミナーを受けてみた感想|e-Learning高いね・・

社会人2年目の春が来た。

 

いまだに家庭教師や塾講師で稼ぐ日々である。ストレスは大してないものの、次のステップすなわち塾開業の計画を練っていかないといけない。あ、あと貯金も笑。

 

というわけで、さっそく塾開業の無料セミナーを受けてみた。「FCに加盟しない塾開業」ということで、ドケチな僕はとても魅力に感じたのだ。まあどうせ無料の先には何かの宣伝があるが、それも込みで受けといて損はないだろう。

 

大まかな内容としては以下の通り。

・場所は「範囲・導線・店舗」の順に決める。ネットで適当にググって決めない。

・物件の家賃を抑える講師を少なくする等で人件費を抑える

・チラシ等宣伝の方法・頻度・範囲を決めて、認知を広げる

 

漠然と考えていた開業手順で、失敗しそうな項目を詳しく説明してくれたので助かった!特にチラシの枚数、頻度、配る範囲などを具体的に数値としてアドバイスしていて、総じて良いセミナーだったぜ。

 

e-Learningのソフトを売っている会社なので、要するに「少ない講師で回すためのICT導入しませんか?」ってことで宣伝はしていたが、けっこう便利そうに感じた。

f:id:nummerorange:20210329105541p:plain

 

ただし、ライセンス料で毎月まあまあの額を支払うことになる。それならわざわざ取り入れる必要もないだろう。そもそも、このセミナーの趣旨は「FCにロイヤリティ払い続けるのもったいないよね?」的な文句から始まっているので、その理屈なら「得体のしれないe-Learningソフトにライセンス料毎月払い続けるのもったいないよね?」と思うんだ笑。

 

頭が硬いかもしれないが、紙の学習の方が書きやすいし目に優しいし、試験(当然紙)に対応しやすいと思っている。紙の本と電子書籍では、前者の方が記憶に残りやすいという研究結果もよく聞く話だ。

 

 

・・・とまあ、ありきたりな議論をしたとて。

違うな。僕がe-Learningにまだ乗り気じゃないのは、生徒との対話が無くなることを危惧しているからだ。

 

学校教育なら、カリキュラムを効率よく指導する意味でe-Learningは効果的だろう。

個人塾はそうではない。カリキュラムに縛られない利点を大いに発揮するべきだ。

・歴史の質問から時事ニュースにつながり、世の中の見方を議論する

・志望校の相談から将来の目標、仕事の話につながって相談する

こういった不規則な対話にメリットがある。まだまだe-Learningでは及ばない大事な要素だ。

 

 

クソみたいなぼやき。

節約メシとアウトドアな風景。

Instagram

良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 小遣いブログ 兼業・副業フリーランスへ
にほんブログ村

インスタ

Instagram