節約・副業からの脱サラを狙う日記

副業を発展させて、脱サラするまでの備忘録

相模原障害者殺傷事件で見えてしまう、善悪を超えた本音 大切に「思う」こと、大切に「する」こと

相模原障害者殺傷事件。

戦後最悪と言われた殺人事件の犯人の死刑が確定しました。

 

www.newsweekjapan.jp

 

この事件の犯人、植松被告の主張がより一層社会を騒がせたと思います。

彼に対する世間の反応が気になったので、僕も今回取り上げます。

 

先に結論を述べておくと、僕はどちらサイドにも全面的には賛同していません。

ただ、自分なりに整理しておきたい。

 

目次

 

不都合な理屈

彼の主張は一貫して

「重度の知的障害者は時間とお金を奪うだけなので、社会にとって不要な存在である。」というものだ。

 

こんなの間違っている!!

と反射的に憤ることは可能だ。だが、問題はどのように彼が主張する負の側面に反論するか。ニュースのコメンテーターを見ていると、反論がずれているような人が多い。

 

・(障害者と家族の生活例を取り上げながら)「障害者の人だってこうして楽しく家族と暮らせるんだ。」というコメンテーターの意見。

→植松被告が主張する排除の対象は、そんな意思疎通すらまともにとれない重度の障害者である。

 

・「障害者とか関係なく、家族にとっては大切な人なのだ」というコメンテーターの意見。

→その家族の多くが、警察に頼んでまで被害者を匿名報道にした。理由は色々あるだろうが、実名公開した被害者家族の一人から「周囲からの目を気にして保身に走ったとしか思えない。障害者だからという理由で匿名にするのは差別だ。」という旨を指摘されている。

ironna.jp

 

以上のように、植松被告の手段は否定できても思想を否定するのは難しいことがわかる。結局このニュースを取り上げている人間のほとんどが、表立っては彼の主張内容を「恐ろしい」「異常だ」と批判して最終的には道徳論に繋げている。

 

・・・が、これは論点ずらしに思えてしまう。

道徳論に関しては堂々と自分の主張をかっこよく書くのだが、彼の主張に対して理屈を持って真正面から反論できている文章はあまり見当たらないのだ。

 

理由は明白。

汚れたくないからだ。自分が社会的に非難され得る思想に少しでも共感することなど、公の文章で示せない。示しても何の得もない。

報道するのは

・「被害者家族の思いやり」といった、綺麗な側面。

・「加害者の異常思想」といった、加害者=悪という側面。

 

でも皆さんもご存知の通り、世間の本音はそんな一色では断じてない

 

実名登録のFacebookと匿名のTwitterを比較すると、バズりやすい内容が大きく異なるのと似ている。前者は「ポジティブな話」、後者は「ネガティブな話」である。匿名であれば、思いっきり本音を言えてしまうのだ。

 

匿名の某掲示板サイトをのぞいてみる。

yoshidakenkou.net

すると、こんな意見が出てきている。

「俺は障害者とまともに接したことないからなんとも言えないけど、植松の言いたい事もわかる。綺麗事だけは世の中回らないっていうね」

「氏名も公表されず遺影もない追悼式 この下りは突き刺さるな ぐう正論」

「色々言っとるけど要するに知的障害者サイドは都合の良い時だけ常人と一緒の扱いしろって主張する癖に都合の悪い時は常人と区別しろって主張するのが卑怯ってことやろ?」

 

なんだかこちらの方が本音をみた気がする。見たくない現実である。

ちなみに、裁判時に植松被告は「最後に一言発言したい」と申し出ているが、これを裁判官は却下している。これも、彼の思想が広がるのを避けるための判断ではないだろうか。確かに彼のやったことはテロリズムの一種だ。それを防ぐという意味では、良い判断だったと思う。

 

・・・が、やはり彼の主張から世間が目をそらしたようにも感じてしまう。

 

結論→理屈探しになっていた

僕は正直、植松被告の主張を論破する理屈を必死に探していた

はじめから結論ありきで、それを補強する何か強い理屈を求めていたのだ。「あいつのやったことは間違っているんだ」「あいつの考えも間違っているんだ」と。堂々と言ってやりたくなる。

 

もちろん殺人という手段そのものは簡単に否定できるだろう。しかし、彼の考えを100%否定することは難しい。少なくとも僕よりも、見たくない現実と向き合ってきた人間の主張だから。

 

以下、植松被告の発言である。

「私は介護施設で、数年間現場で働いてきた。」
「彼らが家族や周囲に与える苦しみ、そして使われる膨大な費用、職員が置かれている過酷な労働環境を見てきた。」
「あなた方はなぜ、施設に足を運んだことすら無いのに、理想論をさも正論のように述べることができるのか。」
「あなた方は一度でも介護に携わったことがあるか?少しでも現場を知れば、介護は綺麗事だけでは無いことがわかるはずだ。」

 

こんなの見たら、やるせなくなって終わる。

世の中には答えづらい問いはたくさんある。きっと不都合な真実が隠れているから。

 

正義の味方ぶるのは簡単

「殺人なんて間違っている」

「障害者とか関係なく支え合うことが大切」 

こんなことを言って正義の味方になるのは簡単である。

これだけ聞いたら、「じゃあ悪になるのは難しいってことね。」で落ち着きそうだが、その対比ではない。

 

正しいことを実践するのが難しいのだ。

さらに突き詰めると、誰かを「大切に思うこと」は簡単でも、「大切にすること」は困難だと考える。

 

誰かのことを大切に思ったところで、それは究極、行動で証明しないと意味がない。

 

急にダークな話で申し訳ないが、7歳の時、僕の妹は目の前で母親に燃やされて死んだ。忘れもしない無理心中である。

 

その時僕は何をしていたか。

燃えている車の前で呆然とへたり込んでいた。車へ引きずりこんでくる母との綱引きが終わり、ただただ燃えている車を見ていた。母は比較的すぐに引きずりこむのを諦めて、「お願い!」と叫んで車に飛び込んだのだ。

 

何をお願いされたか?

母が僕を引きずりこむとき、「一緒に死んで死んで・・」と繰り替えし、泣きながら叫んでいた。

 

助手席には0歳の妹がいたが、助けに飛び込もうなんて微塵も思わなかった。これが、僕が100%の被害者面ができない理由である。多分、僕に兄弟がいなければ、この出来事は一方的に母に痛めつけられたと思うこともできたろう。でも僕は、加害者の要素も背負っている。だから永遠に反省し続ける。

 

家族は無条件で大切に思う。だから死んだら悲しい。今でも引きずってしまう。

・・・が、僕は「大切に思って」いても「大切にして」はいなかった。妹が理由もなく愛しかったとしても、守りに行かなければ、その想いは嘘っぱちと言われても仕方ない。母に対してもそうである。正直、事件前までの母は好きだった。しかし、母が精神的に追い込まれる前に支えることができていない時点で、大切にしてはいなかった。

 

この負い目を忘れないからこそ、今度こそ飛び込める(動ける)人間になってみせると誓って生きている。僕にとって仮に「大切に思って」いない人であろうが、「大切にして」みせる。それが一番重要なことだと痛感している。

 

以上を踏まえて、やはり行動で誰かを大切にできる人はカッコ良いと思う。

殺人犯になる前の植松被告も、介護職として奮闘していたそうだ。

 

・障害者の人を大事に思う→世話などは丸投げして面会もしない家族

・障害者の人をあまり大事に思わない→介護など世話をしていた(闇落ち前の)植松被告

ほんと皮肉な話、僕は後者の方がカッコ良いと思うし、まっとうだ。だから介護職の目線を持つ植松被告からの意見は重たい。

 

僕らは殺人はしないけども、障害者の方とか関係なく大切にできているかと言われたら、怪しい。本当にカスのような話だが、僕も中学時代、障害者の子をイビったことがある。今だから真っ当な人間であろうとしてるが、何も考えていない頃は平気でそういう悪の行いもしていた。

 

命の価値は主観で決まる

植松被告は「自分の息子が障害者だったらどうする?」という問いに言葉を詰まらせていた、とのこと。これもまた、彼の人間臭さを感じてしまって考えさせられる。

 

ここが彼の主張の穴と言えるだろう。

「社会のため」と言いながら、それと相反する「家族の命」があった時、迷いが生じているのだ。ここで迷わず「家族であろうと排除する」と言ってたら、彼は完全に心を捨てたマシーンだ。

 

f:id:nummerorange:20210107163634p:plain

僕たちは、「社会」と「身近な大切な人」を天秤にかけた時、後者を優先するのが普通だと思う。社会にとってと言うより、自分にとって尊いかどうかが優先されて良いんじゃないか。 

 

命の価値は主観で決まる。僕もハッキリ言って、自分の命・家族・友人の命が最優先だ。全く知らない他人が死んだところで基本的に心は痛まない。

 

例えばとてつもない貧困国で生まれ、家族が病にかかり死にかけている時。

盗みを働く以外道がなければ、迷わず薬を盗みに行く人は多いんじゃないだろうか。

 

こんな風に、僕らの多くは「社会の利益」と「自分と大切な人の生活」とが相反していないから悪に堕ちないだけである。別に社会を無理やり変えようとしなくても、それで良いんじゃね?って思うのだ。

 

 

今出せる結論

 ・社会を変えてやろうなんて、迂闊に大それたことを考えるもんじゃねえ!!

・人に思想を押し付けない、迷惑をかけない範囲でコツコツ役立つことを行うことに価値がある。

 

これで良い。

 

家族とか友人など、結局は自分にとって大切な人を優先して、社会全体の利益なんて後回しで良い。(基本的に対立するもんじゃないから。)

そういう個人が集まった結果が社会に過ぎない。ゆるやかに方針・利害が合致していれば良いのだ。だから人に迷惑をかけない範囲で、ゆるやかにわがままでいれば良い

 

彼は社会という目に目ない集合体の利益を優先し過ぎた。

 

闇堕ちするほど介護職が辛いなら、転職すれば良い。それか、介護の現状を変えたければネットとか通じて発信すれば良い。テロリズムに走ったところで、気がつけば自分が社会に大きな迷惑をかけているという矛盾に陥るだけだ。

 

 

以上、 長くなりましたが、本事件での感想です。

極端、完璧を目指すとロクなことがないから気楽に行きましょう。

それでは!

 

インスタぼちぼち発信してます!

Instagram

ちょびっと呟きます。

良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

インスタ

Instagram