節約・副業からの脱サラを狙う日記

副業を発展させて、脱サラするまでの備忘録

「若くて独りの今、やりたいことやりなさい」退職、移住、やろうと思えば今できる。

チョキチョキと。

 

僕は東京生活最後の散髪に来ていた。

退職して地方に移住するのは1月だと言ったものの、色々あって今月中に出発する決断をしたのだ。

 

www.nummerorange-life.com

 

オンラインで物件を内覧し即決、引越しは見積りサイトで一斉比較して最安を選択。

現在は入居審査中だ。あとは退職代行バズーカを遠慮なく打ち込みます。

 

やろうと思えば脱サラなんて、移住なんてすぐできる。なんで今までモヤモヤしてるのに動かなかったんだろう。

 

さて、散髪屋の店長さんともしばらく会わなくなる。挨拶くらいはしておこう。

 

ということで事情を話すと、とても珍しがっていた。

早期退職はいても、地方移住まではあまりいないからだろうか。

 

店「若いし、アドレスホッパーみたいで良いんじゃない!」

ぬま(僕)「ありがとうございます。辞めるならすぐ動こうと思いまして。」

店「会社はいればいるほど抜け出せなくなっていくからね〜」

 

(チョキチョキ)

 

店「あ、結婚とか考えてないの?」

ぬ「いえ全然(即答)」 

 店「w」

 

・・・ああ、わかっている。

僕は結婚しないというか、どの道できないのだ。

 

「結婚?なにが良いんすか。」

とスカして言うには、結婚相手を選べるくらいモテてからだと思うんだ。

とてもとても、他人をしっかり大事にできない僕には遠い話だ笑。

 

ぬ「でも、結婚している人も幸せそうで・・」

店「いや縛られるよ結婚は。我慢よ。」

 

!!?

唐突な勢いにたじろぐ。

この女、何かあったのか・・・?

 

ほぼ坊主頭になっていることも忘れ、結婚に思いを馳せる。

 

やはり結婚は「相手が好きだから」という短絡的な考えだけで成り立つものではないのだろう。今の僕にはとてもたどり着けない境地だ。

 

www.nummerorange-life.com

 

結婚という境地には、僕の坊主頭では想像できないくらいの幸せと忍耐があるのだろう。知りもしないことを卑下できないなこりゃ。

 

今。

ひとりぼっちで若造の今。

やりたいと思ったら移住できる。仕事を変えられる。誰にも文句を言われない。

 

この状態を最高に楽しんでおこう。

 

「若くて独りの今、やりたいことやりなさい」

店長も、そう背中を押してくれたんだろう。

 

幸い、僕は退いて後悔するような良い会社に勤めていない笑。

レールが腐ってるから周囲の友人のように安泰(?)の生活などはじめから約束されていないのだ。

 

さらに言うなら、僕は業務の関係で人事考課制度と賃金テーブルの全てを把握してしまっている。あれを見たら、会社に夢や希望なんてとても抱けない。

 

会社の人たち?

おいおい、人間関係に依存してたまるかってんだい。

確かに良い人もたくさんいた。けど、所詮業務上軽く話す程度だ。

僕が辞めたら1週間後には忘れて目の前の業務に勤しんでいることだろう。それが会社員である。

 

以上!もう後悔する理由は無いわけである。

さーて、引越し準備すっかな!

 

それでは!

 

インスタでも発信してます!

Instagram

良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村