節約・副業からの脱サラを狙う日記

副業を発展させて、脱サラするまでの備忘録

即日退職、費用返還・・ 退職時のトラブルから身を守る法律を知っておくべし

来たる2ヶ月後、僕は退職します。

その際、退職代行を使ってスムーズに即日退職の予定です。

 

ここで注意すべきは、退職後の金銭トラブル

退職代行を使ってやめようと思っている同志たちは、ぜひ一読ください。

 

さあ、いくぞ!!

 

目次

 

はじめに 即日退職ができる理由

f:id:nummerorange:20201101135548j:plain

 

会社の就業規則には、「退職する際、1ヶ月以上前に申請する必要がある」と記載されているのに、どうして即日退職できるのか。

 

これは、就業規則よりもさらに強力な、民法のルールによるものです。

民法627条より、労働者はいつでも雇用契約の解約を申し込めます。そして、その申し込みから2週間後に解約できます

 

就業規則は所詮会社が決めた目安にすぎず、無視したところで法律に従っているので問題ありません。

 

さて、2週間は良いけど、即日退職はどうするのか。

これは有給休暇を使います。土日休みと10日与えられている有給休暇をフルに使うことで、申請日から2週間会社に行かずに済みます。

 

 

早期退職のペナルティは違法?

即日退職はオッケーですが、次の問題があります。

退職時の費用変換請求です。

 

僕が気にしているのはこの部分。

僕は新卒なので、面倒な覚書の制約を受けてしまいます。社宅に関する覚書です。

(これは会社ごとに内容が異なるので、以下参考までに。)

 

「会社の借り上げ社宅に済んで一年未満で退職する場合、以下の費用を変換しなければならない」

・社宅に入居する際の引越し代金

・社宅の礼金、権利金、敷金等

・その他会社が必要と認めた費用

 

この全てを返還するのでも良いんですけど、疑問も残ります。

例えば

「敷金って入居者が会社に返すものなの?そもそも敷金は退去時に不動産が契約者に返還するものでは?」とか

「早期離職を防ぐためにこういったペナルティを課すことは、違法の可能性があるのでは」とか。

 

詳しくお話していきましょう。

 

労働者の退職の自由を奪う「違約金請求を予定する契約」は違法

「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない」

(労働基準法16条)

この条文より、先ほどのように早期退職(労働契約の不履行)を理由に違約金や損害賠償が発生する旨を定めること自体が違法です。

 

僕の場合、会社からの損害賠償請求は定められてないので良いですが、ブラック企業から退職する人は要注意です。

例えば、「お前が突然辞めたせいで研修費用が無駄になった!研修にかけた金を返してもらう。」なんてケースもあります。

 

会社の命令でやらされた研修の場合は、基本的に費用返還の必要はないので、なんでもかんでも言われるがままに支払うのはやめましょう。

損害賠償請求は、損害額を正確に算定できないなどの観点から、基本的に請求は通りません。胸をはって逃げ切りましょう。

 

ちなみに、先の社宅費用に関してはグレー。

会社の業務と結びつきがあるかどうかが、費用返還の判断に関わってきます。結論、業務とあまり関係がないことから、返還責任の可能性は十分にあり得ます。くそう。

 

「その他会社が必要と認めた費用」という曖昧な項目に関しては、一切妥協なく突破してみせます!あと敷金。何請求してくれとんねん笑。

 

まとめ

やっとの思いで会社から解放されると思っても、最後によくわからない費用の返還を請求されて困る人もいるでしょう。しかし、ご安心ください。不当な返還請求自体が違法です。

 

僕のように、社宅など業務と関係ない必要経費みたいなものを会社に返す必要はありますが、辞めたことに対して損害賠償なんて話は通りません

 

ブラック企業に勤めている人に限って、変にお人好しで

「即日退職なんて無理だよ。引き継ぎがあるし・・・」

「会社に迷惑かけて辞めたくない・・・」

なんて悩んでいます。

 

アホかと。

自分の人生だろうが。何を他人の組織を気にしているんだと。 あなた一人がいなくなったとて、経営は回ります。良いように使われるのはやめましょう。

 

何より、まずは自分で調べましょう!

会社の就業規則がこの世の全てだと勘違いしている人、意外と多いです。

「就業規則では1ヶ月前の退職申請が必要でも、法律は2週間前で良い。」

こんな当たり前のことも納得してくれないブッラク務めの友人がいて絶望しました。

 

以上、僕は社宅費用の返還請求に耐える準備をしつつ、引き続き脱出準備を進めていきます。

 

それでは!

 

インスタでも発信してます!

Instagram

良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村