ぬまーのストフリ日記

保育サポートに奮闘する大学生の日記。ストレスフリーな生活のためのマインドセットや工夫、おすすめアイテムなどをご紹介します!

話し方で得する方法

連休を一人で過ごしていると、ふと思う。

最近友達としゃべっていないなー、と。

 

じゃあ、人と会話していないかと言えばそんなことはない。

 

人は孤独になる方が難しい

 

孤独を感じることが多いだけだ。

 

バイト先やバイト先、バイト先なんかで僕はちゃんとしゃべっている。 

そんなコミュニティ少なきことこの上なし男の僕が、トーク術を上げようと画策している話をみんなにコッソリ教えるぞ!

 

 

まず断言しておこう。

コミュ力高い人、すなわちコミュ強は、才能無しでもなれる!

 

「コミュ障だから俺は無理だよ〜」

そうゴネるクソ野郎弱気な人に聞きたい。

 

君は、家族に対しても、一部の仲の良い友人に対してもコミュ障なのか?

 

そんな人は少ないんじゃないだろうか。

誰しも、所属するコミュニティによって、話す相手によってコミュ力が変わる

何を隠そう僕も、高校時代はよくクラスの休み時間、狸寝入りをしては誰にも話しかけてもらえない日々をやっぱりやめようこの話!!!

 

 

今回読んだ本はこちら。

 

【話し方で損する人 得する人】

 

 

読んでいて、大事だと思ったものをピックアップして紹介していくぞい。

それじゃあ行ってみよう!

 

目次

 

相手の話に寄り添う

 

例えば、友人との旅行中、なかなか友人がお土産を決めかねているとしよう。

「これとあれ、どっちにしよう・・・」

 

そんな風に悩んでいる友人に対して、僕はつい急かしたくなる。

「早くしろぶち●すぞ」と。

 

だが、ここをグッと堪える!

そして、相手の話に合わせるのだ。

 

「うーーん、どっちがいいだろね?」

こんな感じだ。

 

これだけで良い。

悩んでいる相手と同じように、自分も悩む。

「自分ごと」として捉える姿勢が、相手との信頼関係を生むのだ。

 

 

間違っても

「どっちでもいいから早くしろアホたれええええ」

 

 なんて叫んではいけない。それは機嫌悪い時の僕だ。

 

 

特に、相手が自分の話をはじめたら、絶対に聞き役からスタートしよう。

f:id:nummerorange:20200116160318j:plain

そこで自分の話をしたら相手は確実に嫌がる。

 

ここだけの話

聞き上手は、モテるぞ。

 

 

相槌 で「なるほど」を多用しない

「はい・・・はい・・・なるほど・・・」

ジャブ・ジャブ・ストレートといったボクサー気取りで、僕はこの相槌を愛用している。

相手の話が長い時(そしてつまらない時)は、こうして受け流していた笑

 

だが、この「なるほど」の多用は相手に悪印象である!

 

じゃあどうすればいいのか?

 

黙って頷けば良い。

それだけで良いんだ。

 

なんでこんな簡単なことができなかったんだろう・・・

コミュ障なんだな、根本的に(遠い目)。

 

 

悪口を受け流す魔法の言葉

「あいつってさ、実は・・・なんだよね〜」

こんな噂話だったり悪口にのっかると、僕らは損をする。

 

そういった偏見をうまく受け流す便利な言葉がある。

 

それが

 

「わからない」

だ。

 

 

「まじかー!でもわかんないもんだな〜」

で良い。

そうして、すぐに他人のことをわかった気にならず、じっくり判断していこう。

 

断定しなければ、悪口も広がらず、加担せずにすむ。

 

悪口は麻薬だ。

一度言い始めたら止まらなくなったりする。

でも、何もいいことがない。

気づけば自分が腐っていく。

 

「忙しい」よりも、〇〇を口癖に!

 何かしら遊びに誘っても、毎回「忙しい」といって断る人がいる。

 

f:id:nummerorange:20200116160553j:plain

行きたくないから建前でそう言ってるならまだ良い。(良いのか・・?)

ただ、本当にスケジュールが詰まっているパターンもあるだろう。

こう言ってすぐに断っていると、損をする。

 

人脈は情報の獲得に役立つ。

忙しさを理由に交流を断るのは、その人脈を自ら断ち切ろうとする行為なのだ。

(もちろん、無駄な誘いは断るべきだ笑)

 

そこでおすすめしたい口癖が、

「おもしろそう」

である。

 

f:id:nummerorange:20200116160805j:plain

 

あらゆる事に対して好奇心をアピールしていると、周りから遊びとかに誘われることが増える。

そして新しい発見や、人脈が形成されるかもしれない。

忙しいアピールとは真逆のメリットがあるのだ!

 

口癖にまでしなくても、好奇心を積極的に持つだけで得するのは間違いない。

好奇心旺盛な人は、あらゆる情報を自分で集め、そこから新しいことを思いついたりしてアウトプットできる。

何より、会話で自分の話に興味を持ってくれる人は好印象である。

 

それはビジネスや人間関係にとてつもなく応用できるだろう。

 

 

連絡が素早くマメ

先ほどのフッ軽と近い話だが、連絡の返信は素早く、マメに行おう!

コミュニケーションを円滑にし、話しやすい相手として認識されやすい。

 

「〇〇の進捗具合どう?」

といった風に、タスクの進み具合を聞かれて困っても、

とりあえず「〜までに終わらせます!」といった感じで返事をしよう。

 

ちなみに、異性とのLINEについては全く別の話なので注意してくれ。

恋愛マスター、ぬまーからの忠告だ。

 

 

まとめ 

以上が話し方で得する主要な方法だ!

 

注意すべきは

話し方は場面によって使い分ける必要があるということだ。

例えば、先の「共感する」手法は、ビジネスの場での報告では不要だ。

 

感情と論理、どちらがどれだけの割合で必要かを、場面によって使い分けよう。

 

 

<参考にした本>

  

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村