ストレスフリーなライフハック

保育サポートに奮闘する大学生の日記。ストレスフリーな生活のためのマインドセットや工夫、おすすめアイテムなどをご紹介します!

最悪の男ジョーカーは何者なのか

突然だけど、「ジョーカー」という悪役を知っているだろうか?

 

バットマンの宿敵として、社会に悪を振りまく不気味なピエロだ。

f:id:nummerorange:20191023145135j:plain

 

皆さんは悪役と聞いたら、どんなイメージを持つだろうか。

 

普通のアクション映画なら、敵自身がめちゃめちゃ強くて、正義の主人公と激しいバトルになるのが常だろう。

 

 

しかし、ジョーカーは違う

 

 

彼は全く身体能力は優れていない。

とてつもなく卑劣なことを考えつくという、ただそれだけだ。

 

例えば、人質2人を別々の場所に配置し、どちらか一方のみ助けに行くようバットマンに選ばせる。

片方はバットマンの仲間の検事、もう一方はその恋人だ。

 

街の平和のために検事を助けに言ったバットマン

その瞬間、容赦無く恋人は爆殺される。

 

 

ジョーカーは恋人を失った検事を唆し、狂気の悪へと引きずりこんだ

 

 

以上の例からも顕著に伝わるのが、ジョーカーは他者を悪へと誘うのが非常にうまい。

 

つまりは、"悪のインフルエンサー"ということだ。

 

現在公開中の映画『JOKER』のキャッチコピーでは、"悪のカリスマ"と言われているが、それは少し違うと思う。

 

 

彼はカリスマでもなんでもない、むしろ元々は社会にうまく入れていない人間だったのだ。

 

アメリカのパーティ社会において、集団とうまく馴染めない人(特に貧困層)は、孤独を感じている

その一人がジョーカーだった。

 

誰が自分の味方かもわからず、ただただ辛い生活を続け、自分より上位層のサラリーマンたちから突然暴行を受けたりもする日々。

そんな暴力が横行して荒れた街でも、本当の上位層(富裕層)の集団は気にもとめず娯楽を楽しんでいる。

 

富裕層にとっては、彼らのデモや暴力なんて別世界の話なのだ。

これは正直僕も思ってしまっている。まったく気にもとめていない。

 

暴れ出す人が出てきたら、「とっとと捕まってしまえ」と思っておしまいだ。

 

 

人は、恐怖心を与える相手を排除しようとする。

それは生物として当然の考えだ。

 

暴力団とか犯罪者とかは、みんな消え去って欲しいと思う人は多いだろう。

僕もそうだ。

 

その他人行儀な姿勢が、社会が、ジョーカーという悪のインフルエンサーを生み出したのだ。

 

劣っている者が人と関係を持つには、怖れられられれば良い。

 

この発想に至ったのがジョーカーであり、彼に賛同するピエロたちだ。

彼らは暴力によって、お互いが仲間と認識することができる。

「ああ、こいつも俺と同じ。社会から外されたんだな。」と。

 

そうして集まったピエロ(素顔を隠した者)たちの暴力には、

「自分たちを嘲笑う社会を壊すことで、今度は自分たちが笑う側に立てる」

という思想が潜んでいる。

 

 

僕たちは、どうしてもジョーカーの側に立ってこの映画を観ることはできない。

映画を観に行けるような幸せな僕らは、パーティ(社会)から排除されてはいないからだ。

 

社会からいじめられた者が、さらに自分たちより下の階層の人たちをいじめる。

そんな負の構図が生み出した、最下層の危険な行動を描いているのが、ジョーカーという映画だ。

 

 

ちなみに、ジョーカーから見たら、正義の味方バットマンは自分の引き立て役に過ぎない

ルパンでいう銭形的存在だ。

岡田斗司夫さんのYouTubeチャンネルより)

 

悪を否定するバットマンは、結局は顔を隠し、正義に縛られてコソコソ戦うことしかできない。

 

こんな見方もジョーカー視点ならできるというわけだ。

 

 

 

ジョーカーという映画を観ると、自分がいかに社会の負の側面を見ずに生きてきたかがわかる。

そんなやましい気持ちになってしまうのだ。

 

 

今回は前向きなコメントでは終われない。

悪に対する価値観を考えさせられる映画でした。

 

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

  

最近のコメント