ぬまーのストフリ日記

保育サポートに奮闘する大学生の日記。ストレスフリーな生活のためのマインドセットや工夫、おすすめアイテムなどをご紹介します!

年金2000万円不足問題の正体

「将来、年金は2000万円足りなくなります。」

 

 

ななななななななんやて!!!?

どうもぬまーです。

 

この金融庁の発言は、一部の国民を混乱と不安に陥れた。

 

今でもニュースで「年金2000万円不足問題」と題して、たびたび取り上げられている。

 

 

まったく。

実態を分かりやすく教えず、ただただ不安にさせる報道になんの意味があるのか。

 

筆者本人が忘れがちだが、このブログは不安やストレスを粉砕することをテーマにしている。

どれ、今回は私ぬまーがこの問題の本質をサクッと解説しようじゃあないかあ!!!

 

 

まずは結論から言おう。

 

皆が思っているような、

2000万足りなくて死ぬー!!

とはならない。断言しておこう。

 

 

この"2000万"という数字は、以下のケースをもとに計算している。

 

・高齢無職夫婦世帯がモデル

・毎月平均5.5万円の赤字

・この生活が30年間続く

 

以上の見込みの元、算出されたおおよその数値が2000万円というわけだ笑

なんとも曖昧!!

 

時代は変化している。

人生100年時代。終身雇用が終わり、あらゆる働き方が増えているのだ。

それは皆、意識し始めているはずだ。

 

しかしながら!

 

定年まで働いて、あとはなーんにもしないで年金暮らし。

なぜそのスタイルだけ変わらずにいると思っているのだろうか?

 

老後も資産運用投資、他にも様々な手法でお金を稼ぐことはできる。

というか、そういった働き方が主流になると思う。

そこで「年金(だけでは、平均)2000万円足りない」 

なんて言われて何をビビる必要があるのか?

 

そう!この「年金2000万円問題」とは

何にもせず無職で長生きするとお金キツイよ

っていう、ただそれだけの話だ。

 

 

以上、働き方の変化という観点からこの不安を否定したが、言いたいことはまだある。

 

そもそも自分が100年も生きるなんて保証はない

人間、いつ死ぬかわからない。当然だ。

 

30年老後無職のモデルケースから算出された、平均2000万の生活赤字

30年生きるとは限らないからそもそも2000万という数字は適当だ。

 

さらにさらに!

生活費は各家庭でピンキリなんじゃないだろうか?

住居、ローン、資産、収益etc.

あらゆる要素で変わってくる。

 

節約をうまくすれば、1月で数万の差など簡単に埋めることができる。

30年、すなわち 30×12=360ヶ月 なんて拡大された値を出されたら、そりゃあ多くの人は勘違いするわ!!!

 

 

だから、変に焦って冷静な判断を忘れてはいけない。絶対に。

 

例えば、公的年金の制度をよく調べて、それをうまく利用することだってできるのだ。

 

公的年金の受給開始年齢は原則65歳で、現行制度では60~70歳の範囲で選択できる。1カ月早めるごとに基準額から0.5%減り、遅らせるごとに0.7%増える仕組みだ。

 

つまり、年金をもらい始める時期を遅くすればするほど、毎月の年金はたくさんもらえるのだ!!!

 

これを使いこなせば、毎月平均5.5万円赤字なんて屁でもない。

 

 

年金の話は他にもまだまだあるが、とにかく

2000万円足りないよーどうしよー!!??

となる必要な一切ない。

 

じゃあなんで「2000万足りない」なんて金融庁は言ったのか。

 

 

それは

政府は国民に投資してほしいから。

もうこれに尽きる。

 

だから

税を軽減する、ないし非課税にする分野に関しては、そこに金を投じてほしいという政府のメッセージが伺えるのだ。

ゆえに「2000万円足りない」発言で、国民の資産の流動化を促したつもりだったのだ。

 

それがむしろ国民の不安を煽って、貯金などでお金の流れが固定化されてしまい、無駄なデモまで起きる始末だ。

 

こんな印象などに流されず、公的年金のように明らかに利用しやすいルールには、遠慮なく乗っかれば良いのだ。

 

 

さあ、皆さんはどんな老後を過ごしたいだろうか?

f:id:nummerorange:20191020191514j:plain

 

僕は橋下徹さんみたいに、

いつ死んでも良い!

と胸を張って言えるくらい、自分のやりたいことに完全燃焼するまで挑戦したいと思っている。

 

老後のために貯金?

ふははは!この若造がそんなことを考えているわけがないだろう!!

 

僕は今ある資産を、より大きい資産と収益のために費やすぞ〜!

 

老後を焦るなんて、それからで良い。

 

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

  

最近のコメント