ぬまーのストフリ日記

保育サポートに奮闘する大学生の日記。ストレスフリーな生活のためのマインドセットや工夫、おすすめアイテムなどをご紹介します!

お金の流れを知るために会計を学ぶ。そして日商簿記!

学校では、お金に関する勉強を教えてはくれない。

 

これは以前紹介した、『金持ち父さん 貧乏父さん』から学んだ。

www.nummerorange-life.com

 

いかにお金に関する知識(ファイナンシャル・インテリジェンス)のレベルを高めながら生きていくかで、お金のためではない、自分のための人生が手に入るかが決まる。

 

f:id:nummerorange:20190923150110j:plain

 

お金に関する知識とは、大きく分けて次の四つだ。

 

・会計

・投資

・市場

・法律

 

会計は、損益計算などの財務諸表を把握する力。

すなわち、お金の流れを理解する力である。

 

今回は、この会計について考えたい。

 

数字とも密接な関わりがある同分野。

 

自分の収入がいくらで、そこからどういう支出が生じるのか。

そういった詳しいお金の流れを把握する必要がある。

特に税金に関しては要注意だ。

受け身になってただただ払い続けると、どんどん無駄に食われていく。 

社会は、頭の良い者が得するように作られているからだ。

何も知らない、知ろうともしない者たちは気づかないままに損をし続ける。

 

社会のルールをよく知る上流階級は、それをうまく利用して生き残る道を見つけられる。これを善悪で判断して文句を言ってしまうのが、負ける人だ。

 

どんなゲームだってそうだ。

ルールを知らないで勝とうなんて考えが甘い。

逆に言えば、ルールを知って戦い方を学んだら、誰だって勝てる。

 

 

勝負するというリスクに飛び込めない人は、学校の先生や親が作り出した「安定しているように見える」ルートを進む。

一生懸命基礎学問を勉強し、良い高校・大学に入り、良い企業に就職するよう努める。

そして就職が終わり働き始めると、ひたすら目の前の仕事をこなす日々だ。 

 

・・・なんだか夢も希望もないような言い方になったが、あくまでという一点に注目した俯瞰である。

仕事の裏には、家族や友人など、人間関係をはじめとする数値化できない幸せが隠れている。

 

ともかく、百聞は一見にしかずだ。

こちらの簡単な図を見てほしい。

f:id:nummerorange:20190923164425j:plain

 

唯一の収入である給料から、税金(特に所得税)を差し引かれ、その後もろもろの負債を支払うことになる。

 

 

一方で、収入源が複数ある場合の投資家の図を見てみよう。

f:id:nummerorange:20190923164525j:plain

支出の中には、後に収入を生み出す資産への投資も含まれている。

このルートが一つあるだけで、給料に依存することはなくなる。 

 

そして驚くべきは、給料のみが収益ルートの人にくらべて、会社を経営すると、あらゆる支出を経費とすることができる

これは何がお得かというと、

収入→徴税→支出

が雇われる人の一般的なお金の流れだが、

収入→支出→徴税

という流れに変えることができるのだ!!

 

つまり、無駄に所得税を取られることなく効率よく支出できるのである。なんともずるい話だ。

 

こういったお得な資産運用をするためにも、PL(損益計算書BS(貸借対照表を把握して、自己の金銭管理を徹底するべきだ。

 

というわけで、僕は会計を勉強します!!!

 

日本は資格が大好きな国だ。

ついでに日商簿記くらいは取っておこう笑

まずは2級からね、うん。

 

この国での資格というのは不思議なもので、何か肩書きがあるだけで、まるで凄いことのように扱われがちである。実際はそうでもない場合が多い。まったく〜、なんだよこの勘違い。

資格はツールであって、知識を使いこなす頭の方が大切だ。

 

資格を取るのはマストではないが、知識をつけておこう。

やるどーーー!!!

 

 <参考にした本はこちら>

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

  

最近のコメント