ぬまーのストフリ日記

保育サポートに奮闘する大学生の日記。ストレスフリーな生活のためのマインドセットや工夫、おすすめアイテムなどをご紹介します!

睡眠時間が少なくても、質を上げて快眠する方法

夏休みといっても、早朝バイトで5時起きの男ぬまーです。

 

昼間はこうして呑気にブログを書き、夕方は家庭教師のアルバイト。

そんな毎日である。

 

夏休み真っ只中ではグーグー7、8時間寝ていたものの、バイトがあるとそうはいかない。

6時間以下の睡眠で過ごすことになる。ビバ、しょーとすりーぷ。

f:id:nummerorange:20190913162856j:plain

 

・・・いや待てよ。

このブログで散々生活習慣をよくするよう語っておきながら、本人がこんな不摂生ではいけない!

www.nummerorange-life.com

 

1日にやりたいことはたくさんある。

それを効率よくクリアしていくためにも、睡眠はとても重要な回復行為だ。 

 

朝にエネルギー満タンの状態で目覚める状態をキープしてこそ、毎日を充実させることができる。

 

 

というわけで!

これからは睡眠の質を上げるために、次のような習慣を心がけることにする。

 

 

〜睡眠クオリティー爆上げの掟〜

 

一. 寝る1時間前はブルーライトを見ない

寝る前の1時間前からは、PCやスマホを見るのを控えるのがおすすめだ。

これらの画面を見ると。ブルーライトによって目から脳に負担がくる。

そんな疲れた状態では安眠は難しい。

 

普段からブルーライトカットメガネをするのはもちろん、特に寝る前は刺激の強いブルーライト画面は見ないようにする。

 

一. 入浴はぬるめで15分程度

疲れを取るには、湯船に浸かるのはマスト。

疲れて帰ってきた夜は、全身をあっためてスッキリしたい。

 

 

これから秋になりだんだんと冷えてくる夜。

気温も、人間関係も冷めきった日が来たとしても。

それでも、心と体だけはポカポカでありたい。

 

そんな僕たちの熱い想いを叶えてくれるのが、風呂である。あったかいんだから。

 

この流れだと、熱々の湯船に入れと言いそうだが、違う。

それじゃあ15分も入れないんだ笑

 

ぬるめにして、のんびり浸かろう。

ぬるめのお湯は、血圧を低下させ、内臓が活発になり、筋肉がゆるみ体がリラックス状態になるのだ。

以上のように、副交感神経がよく働き、快眠へとまっしぐらってわけだ。

 

ここで入浴剤を入れるのもおすすめだ。

www.nummerorange-life.com

  

一. 睡眠時、部屋は真っ暗に 

布団を敷いてさあ寝るぜ!

ってタイミングでもこだわりが必要だ。

 

先で述べたブルーライトと同様、明かりをなるべく目に当てない方がよく眠れる。

よって、部屋の電気は真っ暗にしよう!

あとは他の家電の照明も、極力布などで覆って隠そう。

 

もう洒落にならないレベルで真っ暗にしちゃおう。

ちなみに、皆さんがトイレに行く時に足の小指をぶつけても、僕は一切の責任を取らない。

自己責任で闇を追求してください。

 

 

以上が快眠のための方針である。

あとは睡眠時間を増やせたら最高だ。

上手なタイムマネジメントを実現できるよう、今後も改善していくしかない。

 

www.nummerorange-life.com

 

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

  

最近のコメント