ストレスフリーなライフハック

保育サポートに奮闘する大学生の日記。ストレスフリーな生活のためのマインドセットや工夫、おすすめアイテムなどをご紹介します!

【シンガポール旅行③】ふわっふわのパンケーキとジェラートでとろける

<前回の記事はこちら> 

www.nummerorange-life.com

 

 

3日目の朝。

 

雨が降っていたが、朝食を終える頃には止んだ。ラッキー!

ねえ、今から晴れるよ!ってか。

天気の子をこじらせた男、ぬまーです。

 

 

よし、向かうは有名なフローズンヨーグルトのお店

「llaollao(ジャオジャオ)」

www.tripadvisor.jp

 

一人暮らしのちっちゃな冷凍庫でいつもダノンヨーグルトをキンキンに冷やす僕は、いつか本物のフローズンヨーグルトを食べてみたいと夢見ていた。

 

llaollaoはシンガポールで複数店舗がある。

僕はシンガポールフライヤーという観覧車近くのショッピングモール「サンテックシティ」内の店舗へ訪れた。

www.singaporenavi.com

 

前回に引き続き、大型ショッピングモールに吸い寄せられてしまった僕。

 

f:id:nummerorange:20190904230554j:plain

 

カラッとしながらも、ジリジリと照りつけるシンガポールの太陽。

マーライオンと違って、口ではなく全身から水分を放出する僕は、急いで中に入った。

 

さあ、ヨーグルトと一緒にフローズンされちゃおうじゃないか!!

額の汗をそのままに、1階の店舗へと早足で向かう・・・!

 

 

いよいよ夢のヨーグルトがとうとう目の前に・・・!

 

 

・・・

 

と思ったけど、まだ営業してなかった。

 

でも僕は諦めない。開店まで待つさ。

そう決意を固め、別のフロアを歩きながら時間を潰す。

 

 

すると、どのフロアにも美味しそうなスイーツ店が盛りだくさんだ。

なんとも目新しい食べ物に胃袋を刺激される。

 

・・・いかん、落ちつけ。

僕にはフローズンヨーグルトという心に決めた相手がいる。

適当に目についたスイーツに心を奪われることなど、あるはずがない。あってたまるかってんだい。てやんでい。

 

煩悩に飲まれそうな頭をリフレッシュするため、一度このフロアを離れて地下1階へ。

 

 

 

みなさん

 

出会いとは常に思いがけないものですね。

 

僕は出会ってしまった。素敵なパンケーキ屋さんに。

 

その名も

「fluffstack」

 

僕は憧れていたんだ、ふわっふわのガチガチのパンケーキに。

「柔らかくて本格的な」という意味)

 

・・・いや、違うな。諦めていたんだ。

自分には手の届かない場所なんじゃないかって。

若々しいギャルが楽しそうに行列に並んでまで食べるあのスイーツは、自分とは別世界の生き物(食べ物)だと。

 

強がって、諦めて、そして忘れたんだ。

 

そんな超特急な人生を過ごすのはやめにしよう。

今、変わるんだ。

 

というか平日のお昼前というのもあって、異様に人が空いてる!!!

僕以外の客はアメリカンな夫婦だけだ。

もういくしかない・・・!

 

 

僕「すいませーーーん!!!あ、エクスキューズミいいいいい!!!」

 

f:id:nummerorange:20190904192258j:plain

 

パンケーキを焼くのに15分かかるので、ホワイトコーヒー(カフェラテ)を飲みながらのんびり待つ。

 

椅子に座ってのんびり待てる。

やはり原宿が異常なだけだったんだ。よかった。 

 

f:id:nummerorange:20190904171955j:plain

やってきました、イチゴチーズパンケーキ! 

 

家で作るパンケーキとは格が違う。

いや、今まで作ってきたアレをパンケーキと呼んで良いのだろうか。

そんなパラダイムシフトに飲まれそうな衝撃だった。

 

落ち着け、驚くのはせめて食べてからだ。

 

ふわっふわでふっくら膨らんだパンケーキ2枚を重ね、

その上にいちごを大量に乗せ、さらにその上にいちごソースを溢れるほどかけてある。

さらにさらにその上を雪が覆うようにチーズソースをまぶしている。

 

おいおい、これじゃあお昼ご飯の前に満腹になってしまうぜ!

 

では、いただきます♩

 

 

 

・・・!!?

 

生地がやわらかすぎて、ナイフを少し当てるだけで自然と割れていく!

これはそう、かのモーセが海面を切り開いたかの如く神秘的な光景だ。

 

僕の中で、新しい歴史が始まった瞬間だった。

 

f:id:nummerorange:20190904172425j:plain

生地を取ると、トロっと上にかかっていた苺とチーズのソースが流れ落ち、ふわふわなパン生地の断面に染み込んでいく。

 

ソースをたっぷりつけて、パン生地をほおばる。

 

パン生地自体の甘さは控えめ。でも、苺ソースが甘くていい感じ。

さらにそこに甘くて酸味の効いたチーズソースがマッチする!

 

パン生地はふわっふわで柔らかすぎて、ほぼ噛んでいない笑

味を口の中に一気に放出して消えていく感じだ。

 

もうあっという間に食べきってしまった。

お腹いっぱいだ。

フローズンヨーグルト?なんだいそれは。

 

 

そんなわけで、運動がてらに少し離れた所へ次のスイーツを食べに行く。

 

f:id:nummerorange:20190904233847j:plain

シンガポールフライヤー(観覧車)を目指して歩いていく。

 

もちろん観覧車に乗りたいわけではない。

横に彼女でもいたら話は別だが。

 

欲しいのは甘い思い出づくりではない。

甘い味覚である。

 

f:id:nummerorange:20190904234225j:plain


正午も過ぎて、太陽が高くに登ったところでたどり着いた。

https://gelatissimo.com.au/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral

「Gelatissimo」

 

まだ日本に上陸していないジェラート屋さん。

僕が原宿ガールズよりも先に味わっておこう。

 

なんだこの優越感は!!

 

 

いそいそと味を選ぶ。

 

いきなりガラスケースに張り付いて眺めたら店員さんに急かされるので、買うか買わないか微妙な距離感でアイスのフレーバーをチラ見する。

 

そう、アイス選びも恋愛も距離感が大事なのだ。

 

うーむ、抹茶は外せないな。ちょっと苦目のフレーバーを入れて、甘さのインターバルとしたい。

 

そして抹茶に合うものといえば、ここはミルク系かな?

 

というわけで、ココナッツミルクをチョイス!

 

f:id:nummerorange:20190904234819j:plain

 

レギュラーカップで注文。

 

味はいい感じに抹茶が苦く、ココナッツがそれをフレッシュな甘さでサポートしつつといった具合。

 

冷たくて、この真夏にはもってこいのデザート。

 

これで十分体は冷えた。

あとは、この煩悩を冷やすことが必要なんだろう。

  

<関連記事はこちら>

www.nummerorange-life.com

www.nummerorange-life.com

www.nummerorange-life.com

www.nummerorange-life.com

www.nummerorange-life.com

 

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

  

最近のコメント