ぬまーのストフリ日記

保育サポートに奮闘する大学生の日記。ストレスフリーな生活のためのマインドセットや工夫、おすすめアイテムなどをご紹介します!

疑いを信用に変えることで自信をつける

自分に自信がなくて嫌だ。

 

といった悩み、意外とよく聞きますね。

実際、僕自身も昔は劣等感にさいなまれてばっかりだった

 

 

なんで自分はこんなに弱いんだろう。

 

人前で怯えてしまう。

 

過去のトラウマが頭から離れない。

 

いじめっ子を前に愛想笑いしかできない。

 

友だちがいじめられても庇えない。

 

思ったことを堂々と言えない。

 

怖いものからは逃げ出してしまう。

 

 

・・・挙げていけばキリがないぜ笑

そんな自分でも、だんだんと心と体が変化していき、今はそういう弱いマインドセットを超えることができたと思う。

少なくとも、辛い現状を前にして妥協するという考えは微塵もなくなった。

 

でも、今と昔で考え方が180°変わったように見えて、変化したのは小さな工夫にすぎない。

 

例えば、今でも僕はスマホを水没させたり、提出レポートの期限を間違えて遅れたりするようなドジ系のミスが多い。

 

だから何かタスクを始める際、必ず自分がまた何かやらかすんじゃないかという考えが頭をよぎるのだ。

f:id:nummerorange:20190824185920p:plain

 

さて、ここでよぎる考えの捉え方こそが、今と昔の大きな差だと思う。

考えがよぎる事とその内容自体は、ポジティブな今もネガティブな昔も変わらない

 

 

ちょっと当ててみて欲しいです!

僕はクイズが大好きなんだ笑

 

 

 

・・・ではでは、答えをGO!

 

 

「どうせ自分のことだから、今回もミスるんだろうな。

自分がうまくやれるか疑わしい。。。」

これが昔の思考回路。

 

 

「ま、自分のことだから、今回も何かしらミスるんだろうな笑

ミスると信じてるぜ!でも、そういうの全部乗り越えてきたから、今回も乗り越えられるぜ!」

そしてこれが今の思考回路。

 

 

これって、どっちも自分のドジさを自覚しているが、その捉え方と結論が大きく異なる

 

自分の行動を疑うのか、信じるのか。

 

この1点が大きく違うのだ。

 

両者ともに自分の行動予測は同じ。

前者は、消去法的に導き出した予測

対して後者は、一つの可能性として直球で導き出した予測。

 

つまり、前者は自分の理想どおりにいかないで失敗する自分として、行動を予測している。この結果、理想の否定から生まれた悪いイメージのまま、その次の行動もドミノ倒しのように悪いものと考えがちだ。

 

こうしてネガティブの連鎖が生じる。

 

そこでおすすめなのが、後者のマインドセットだ。

後者は理想とか余計なことは考えずに、素直に自分がミスる可能性を予測している。そして、特に悲観的には考えない。予測の範囲内だし、何より(ミスしないような)理想の自分と比較していないため、劣等感は生じないからだ。

 

「やらかさないでキッチリできるのは無理ではないか」

と疑うのではない。

 

もはや信じちゃうのである。

自分がやらかすであろうと!笑

 

そしたら、実際にミスっても問題ない。

その後の自分の対処も信じて動けるのだから。

 

自分を疑う力自分を信じる力、どちらが自分を成長させるかはハッキリしている。

 

自分を信じる力。まさに自信。

 

これは必ずしも、自分が何でも出来ると過信することではない。

自分の弱さすらをも信じる力のことを言うのだ。

 

この力を身につけたら、もう大丈夫だ。

どんな困難が起きても、きっと立ち上がれる。

 

自分が自分を裏切ることが無くなるから。

 

困った時、くじけそうな時

信頼できる人に頼るのも良いが、信頼できる自分がいるのも忘れちゃいけない。

 

信頼している人に裏切られるのは辛い。誰しもが経験のあることだろう。

もちろん僕にもある。下手すればあなたの人生を大きく揺るがすほどの裏切りもある。

 

だからこそ、「自分を信じて裏切らない自分」が必要なのだ。

 

こいつを持っている人は、自分の気持ちにも嘘をつかなくなる。

そしてら、必ず自分にとって大切な人に、優しくすることができるだろう。

「自分なら、大切なものを必ず大切にできると、信じているから。」

 

 

・・・とまあこんな熱いアプローチを語ってしまった。

でもそれほどに、疑いを自信に変えるマインドセットはオススメだ。

 

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

  

最近のコメント