ストレスフリーなライフハック

保育サポートに奮闘する大学生の日記。ストレスフリーな生活のためのマインドセットや工夫、おすすめアイテムなどをご紹介します!

現実から目を背けたくなる気持ち

小腹がすいたらプロテイン

 

どうもぬまーです。

 

 

最近前向きなことばかり書いていましたが、常に問題意識も持っておきたい。

 

自分に何ができるのか、何がしたいのかを見失わないように。

 
www.nummerorange-life.com

 

 

そんなわけで、 今回は虐待の一例に触れておきます。

 

 

児童養護施設で暮らす17歳の女の子のお話。 

 

母からの虐待を受けてから、施設で暮らしています。

 

そんな彼女は絵が大好きなので、デザインを学ぶ専門学校に進学を希望しています。

 

 

しかし

 

進学での奨学金を受けるために、保証人である母親の許可が必要であるとのこと。

 

一方的に強く反対され、結局就職することに傾きました。

 

その後、彼女は施設でふさぎ込む日々。。。

 

そんな中、施設の方が紙を渡し、彼女を中心にかかわってきた人達を書かせます。

 

「こんなにもつながりがあるのだから、本当に必要な時に相談できる人はいるはずだ」と彼女に悟らせました。

 

結局、彼女は施設の方の仲介の元、母親と話し合い、将来の夢を諦めない道を選ぶことになりました。

 

まずは母の要望通り就職。その中で自力でお金を溜め、進学という進路を取りました。

 

 

 

この話を観ていると、所々で彼女の悩む姿と自分を重ねてしまう部分があります。

 

例えば、母に進路を反対されてふさぎ込んでいた時の彼女のセリフ。

 

「絵を描いていると、自分の世界が広がって現実を忘れられる」

 

・・・すごく共感できてしまいました。

 

母の無理心中から数年間、僕は本を読むことで、別の世界に入り込んで現実を忘れることが多かったです。

f:id:nummerorange:20190716171820j:plain

 

きっと、家族に虐待を受けた子供は、誰かに頼ることが下手糞になるんじゃないかと思います。

 

自分の辛さや思いをさらけ出せる家庭という場所が、無くなってしまう。

 

目を背けたくなりますが、これが虐待の実態です。

 

 こんな環境では、真っ当な夢や目標すら抱けないでしょう。

 

なんか、悔しいですね。聞いてるだけで。

 

やっぱり僕は、アフターケアではなく家庭が壊れることを未然に防ぎたい。

 

一度入った傷が完治することは無いのだから。

 

なんて思いを再確認した出来事でした。

 

 

このように、定期的に自分の原点を思い出すことって、すごく大事です!

 

あの時、なぜ、何を思ってこの選択をしたのか。

 

その選択をした時と今とで、思いは変わっていないか。

 

自分の中にある軸を見失わないために、たまには振り返ってみましょう。

 

そしたら、これから進むべき道が見えてきます。

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

  

最近のコメント